仮想通貨での取引所と販売所の違いとは?

仮想通貨での取引所と販売所の違いとは?

株式投資のように電話での注文ができない仮想通貨の取引には「取引所」への登録が必要ですが、取引所の中には「販売所」というものが入っているところがあります。取引所によっては「簡単販売」とも呼ばれています。ではこの「販売所」では、仮想通貨においてどのような取引が可能なのでしょうか?このページでは、仮想通貨の「取引所」と「販売所」の違いについて説明します。

 

取引所と販売所の違いは誰を相手に売買するか

「取引所」と「販売所」はどちらも仮想通貨の売買をお行う場所ですが、取引所と販売所の一番の大きな違いは「誰を相手に仮想通貨の売買をするか?」です。取引所では、仮想通貨の売買は、取引所で口座を開設したユーザー同士で行います。販売所では、仮想通貨の売買を販売所相手に行います。これが一番大きな違いです。それでは、「取引所」と「販売所」それぞれの場所で仮想通貨を売買する場合のメリットやデメリットについて説明していきます。

 

仮想通貨の取引所について

「取引所」では、その仮想通貨取引所に口座を開設(登録)したユーザー同士で、仮想通貨の売買をします。ユーザー同士での売買ですので、双方の提示した条件が合わなければ取引が成立しません。例えば、取引所で「1BTC=○○○円」で0.5BTC購入したいユーザーがいた場合、口座開設者の中に「1BTC=○○○円」で0.5BTC以上売りたいユーザーがいなければ買うことができません。これは、仮想通貨を売る場合も同様です。

 

取引所を利用するメリットとしては自分が売買したい数量と額を提示する「指値(さしね)注文」ができる点ですが、最初に述べたようにこちらが提示した条件を満たすユーザーがいなければ取引が成立しません。また、あらかじめ自分で数量や値段を決めて仮想通貨を売買していますので、「予想外の値段で売れる」というようなこともありません。なので、「今すぐ仮想通貨を買いたい!売りたい!」というような人には向きません。

 

仮想通貨の販売所について

 

「販売所」というのは文字通り、ビットコインをはじめとする仮想通貨の販売を行っている場所です。ユーザーは取引所が提示している金額に沿って、自分が買いたい仮想通貨や売りたい仮想通貨の売買を「販売所」相手に行います。例えば取引所が「1BTC=○○○円」という値段を提示していれば、ユーザーは「1BTC=○○○円」で、好きな数量のビットコインを購入することができます。

 

取引所と販売所はどっちがいいの?

 

では仮想通貨の売買を行う場合は、取引所と販売所のどちらを利用すればいいのでしょうか?取引所はユーザー同士の売買なのでお互いが提示した条件が合わなければ売買が成立しないので、仮想通貨をすぐに売買したい場合には向きません。ただし、取引所にも、すぐに仮想通貨を買える方法として、値段を決めずに数量のみを決めて注文する「成行(なりゆき)注文」というものがあります。

 

ただし、成行注文の場合、すぐに売買が成立するというメリットはありますが、自分が買いたい値段よりも高く買ってしまったり、売りたい値段よりも安くい売ってしまったりという可能性も高い方法です。成行注文は、基本的にあまりおすすめできる方法だとは言えません。すぐに自分が持っている仮想通貨の売買を行う場合は、「販売所」での売買がおすすめです。では、販売所はどうでしょうか?

 

販売所のメリットは提示している金額なら、1回の取引上限額以内ですぐに仮想通貨の購入ができる点です。ただし販売所で買う場合は仮想通貨の売値と買値の差が大きいのがデメリットになります。そのため基本的に取引所で売買するときよりも不利なレートでの売買になるのが一般的です。取引所や販売所それぞれに仮想通貨を売買する場合において、メリットやデメリットがあります。取引所や販売所それぞれのメリットやデメリットをよく理解して、用途に合わせて使い分けていくのがベストな使い方でしょう。