仮想通貨のブロックチェーンの仕組みとは?

仮想通貨のブロックチェーンって何?

仮想通貨のブロックチェーン

 

仮想通貨でビットコインをはじめとする仮想通貨にはビットコインの生みの親であるサトシ・ナカモトによって発明された「ブロックチェーン」という技術が使われています。仮想通貨の話題になると「ブロックチェーン」という単語を目にする機会が多くなりますが、そもそもブロックチェーンとはいったいどんな仕組みの技術なのでしょうか?このページでは仮想通貨の基本となっているブロックチェーンについて説明します。

 

ブロックチェーンは第三者による取引改ざんを防止して、仮想通貨の安全性を確保する役割を担っている技術です。ブロックチェーンは世界中のユーザーによって維持されています。簡単に説明すると取引記録が載っている「台帳」を大勢で共有し、全員で記録、監視を行っていくシステムです。ブロックチェーンでは取引データを一定量ごとに「ブロック」と呼ばれる塊にします。そのブロックが鎖(チェーン)のように連続して記録されていくことからブロックチェーンと呼ばれるようになりました。例えばビットコインの場合、世界中の取引データを10分ごとに新しいブロックにして、それを繋げていきます。

 

ブロックチェーンはユーザーによって管理されている

 

ブロックチェーンは世界中のユーザーによって維持されていると述べましたが、ブロックチェーンの一部を負担することでの「報酬」といったものもあります。それが「マイニング」です。すでにあるブロックと新しく作られるブロックをつなげるためには高度な計算によって答えを出す必要があります。その答えを最初に出した人には、労力としてビットコインが支払われます。このブロック同士をつなげる作業のことを「マイニング(発掘)」と呼び、マイニングを行う人のことをマイナーと呼びます。

 

私たちが普段使っている銀行などの取引データは、「中央集権型システム」と呼ばれ、金融機関の中央サーバーで管理されています。中央集権型システムの場合は、中央サーバーが攻撃されるなど障害が起こった場合に大規模な障害が起こる可能性があります。対してブロックチェ−ンは管理者が存在しません。取引データは世界中につながったコンピューターで共有します。

 

ブロックチェーンの運営に貢献するのがマイニング

 

ブロックチェ−ンのイメージとしては、誰でも使える「台帳」をみんなのパソコンで管理しているような状態です。ブロックチェーンという台帳は「取引自体は正規のものか?」、常に参加者によって見張られています。チェックされた結果、正規のものだけが台帳に記入されます。こうした管理法は「分散型台帳システム」と呼ばれています。

 

このシステムの最大のメリットは、大勢の利用者がデータを管理するため、データの改ざんがされにくいという点です。またデータを分散するため(ブロックごとに)大規模な障害が起こりにくいという利点もあります。ブロック同士がエラーや不正をチェックし合うことでシステムが常に正常に動きます。ブロックチェーンという台帳は簡単なアカウントの発行さえすれば誰でも使えるようになります。

 

ブロックチェーンは多くの仮想通貨の基礎となっている技術です

 

しかも、インターネットさえ繋がっていれば、世界中のどこからも使うことができますし、身分証明なども要りません。参加者全員で取引記録を持ち寄って、支え合うというのがブロックチェーンの仕組みです。例えば、ブロックチェーンの1ヶ所に不具合が出たとしても、他の参加者のPCのデータより何事もなかったように動作を継続させることが可能です。

 

今現在、ビットコイン以外の仮想通貨のほとんどが、このブロックチェーンの技術をもとに、その通貨独自の技術を組み合わせています。多くの仮想通貨に使われているブロックチェーンとシステムの安全性が認められています。その証拠として、ビットコインによる支払いに対応したお店やサービスは国内でも増加傾向にありますし、ブロックチェーンとシステムに対する期待感が、仮想通貨全体の価格上昇につながっていったと考えられます。