そもそも仮想通貨やビットコインって何?

そもそも仮想通貨やビットコインって何?

ここ最近、よく耳にするようになった「仮想通貨」や「ビットコイン」という言葉ですが、「なんだか儲かりそうだな?」そんなイメージは持っているもののどういったもか、実際のところよくわからないという人も多いのではないでしょうか?実際は仮想通貨やビットコインというものはどういったものなのかこのページで説明していきます。

 

最初に仮想通貨というのは、日本円やドル、ユーロなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。仮想通貨はインターネット上でやり取りされる電子データで、海外では「暗号通貨」とも呼ばれています。法定通貨のように国が価値を保証しているわけではないので、仮想通貨を預ける専用口座(ウォレット)には信託保全などはなく、ユーザーの信頼によって勝ちが成立している通貨です。

 

仮想通貨はビットコイン以外にもたくさんあります

 

仮想通貨に興味を持った人の中には仮想通貨=ビットコインという人も少なくはないのでしょうか?仮想通貨はビットコインだけではありません。世界には1000種類近くの仮想通貨が存在しますが、現在日本の取引所で取引できる仮想通貨はほんのわずかです。仮想通貨は王様的存在のビットコインとそのほかの仮想通貨、アルトコインに分別されます。ビットコイン以外はすべてアルトコインです。そのくらいビットコインは仮想通貨の中で特別な存在です。

 

仮想通貨はそれぞれのテクノロジーで差別化しています

 

例えば株式投資の場合、企業の業績やビジョンによって銘柄を選びますし、為替の場合は、国の雇用状態や国内総生産などのファンダメンタルズ(経済の元となる条件)といわれるを見て投資するかどうかの判断をします。しかし、仮想通貨の場合は、企業のような業績もありませんし、国などの発行主体もありませんからファンダメンタルズとなるものがありません。

 

なので仮想通貨に投資する場合に重要になってくるのが、その仮想通貨に使われている「テクノロジー」の部分です。仮想通貨は、送金といった役割以外にその通貨ごとの」特徴があります。その特徴を持たせるためのテクノロジーが、将来的にどのように使われるかを知ることがとても大切です。テクノロジーというのは、ビットコインでいえば「ブロックチェ−ン」であり、イーサリアムでいえば「スマートコントラクト」の部分です。

 

ビットコインのブロックチェーン技術は、通貨の発行や運営に中央管理体を必要としなく、プログラムコードのみで運営される仮想通貨の始まりともいえる技術です。イーサリアムのスマートコントラクトは、ビットコインと同じくブロックチェ−ン技術を使っていますが、スマートコントラクトが加わることで、ビットコインが取引内容の記録のみを行うのに対して契約内容の記録ができます。これがイーサリアムのテクノロジーとビットコインのテクノロジーの違いです。

 

仮想通貨のテクノロジーが社会に貢献するかどうかが投資の判断基準

 

仮想通貨のテクノロジーが世の中に貢献すれば、その仮想通貨の価値は大きく上昇しますし、役に立たなければ結果として淘汰されていきます。仮想通貨のテクノロジーが社会で果たす役割について詳しくなれば、投資する上での重要な判断材料になります。なので仮想通貨のテクノロジーの部分について詳しく知るというのは、仮想通貨投資を行ううえでとても大切な要素になります。

 

信託保全というのは、FX(外国為替証拠金取引)などで投資資金を信託銀行に託すことです。こうすることによって万が一、FX会社が倒産などした場合に信託銀行から資金が返却される仕組みのことです。仮想通貨にはこの仕組みがありません。仮想通貨のメリットとしては、24時間、365日、年中無休で銀行や金融機関を通すことなく、決済や送金ができるという点です。支払いや送金もQRコードを読み取るだけなど実に簡単でスピーディーに行うことができます。

 

今まさに、仮想通貨の大きなチャンスが到来しています

 

仮想通貨は、世界中で取引されていますが、仮想通貨の数が限られているため、ほしい人が増えれば増えるほどその通貨の価格は上昇します。ヤフーが2017年に行った仮想通貨についてのアンケートでは「仮想通貨の購入や利用について興味はありますか?」という質問に対して9.9%、実際に仮想通貨の取引をしたことがある人はわずかに3%でした。

 

前にも言いましたが、「仮想通貨は数が限られています」、数が限られたものを欲しがる人が多くなれば、自然と価格は上昇します。最近ではタレントの出川哲郎さんが、仮想通貨の取引所である「コインチェック」のCMに出演するなど、徐々に仮想通貨というものが認知され始めました。今後ますます仮想通貨の認知度が高くなれば、仮想通貨を買う人も増え、更なる価格上昇も十分に期待できます。今まさに仮想通貨で大きなチャンスが到来しているといっても過言ではないでしょう。